男鹿市緊急宿泊支援事業クーポンに関しまして(第8期)

当館は第8期男鹿市緊急宿泊支援事業クーポンの利用可能施設となっております。

ご予約する際は、直接お電話でもネット予約でも問題ございません。
ネット予約の場合は事前決済ではなく、現地決済を選択していただきますようお願いいたします。

チェックインの際に、免許証などご住所記載の本人確認書類をご提示いただきますので忘れずにお持ちください。

対象となる宿泊日(チェックイン日)は、
2022年 4月 1日(金) から 2022年6月 30日(木)まで
となっております。


ご不明な点等ございましたら当館まで(TEL:0185-37-2331)
お問い合わせ下さい。

詳細に関しましては男鹿市の公式HPを以下URLからご確認ください。

https://oganavi.com/eas/

それでは皆様のご来館を心よりお待ちしております。

隠れ虹スポット

戸賀の海では、雨上がりによく虹が出現します。 この写真の時刻は午前10時30分。 朝雨が上がった時、時間帯によっては日本海に大きく架かるのですが、ちょうどお客様が朝食を召し上がる8時前後、お食事会場から見えることもあります。雨の日の、少し憂鬱な気分を癒やしてくれる、自然界からの贈り物。これから男鹿半島は厳しい冬を迎えますが、この虹は、その厳しい冬を迎える私たちへのエールのように思えます。

日に日に寒さが増し、冬の足音が聞こえております。最低気温が5度まで下がる日もございますので、男鹿へお越しの際は、暖かい服装でお越しください。


大切な人との時間を楽しむ宿

男鹿半島はここ数日、だいぶ寒くなってまいりました。今日はスタッフが掛け布団を2枚重ねにし、お客様が寒い思いをしないよう、心を込めて準備をしております。

さて帝水には、「海と入り陽の宿」というショルダーネームが付いておりますが、入り陽は毎日見られるわけではなく、むしろ見られる日のほうが少ないかもしれません。
しかしながら、あまり天気の良くない日にご来館されたお客様の多くは、がっかりするどころか、とても楽しかったと笑顔で帝水を後にされます。

料理長の心のこもったお料理を堪能しながら、大切な人と時間を共有する。
そう、帝水は、「大切な人との時間を楽しむ宿」なのです。
ご家族やご友人たちと楽しく会食し、二度とは訪れないその瞬間を思い出に刻む、そのお手伝いをするのが私たち接客スタッフの役目。
お客様と会話をしていると、普段は恥ずかしくて言えない言葉や、本音が聞けることがあります。相手を思いやる気持ちが見えた時、私は帝水の入り陽以上の感動を覚えます。それはきっと、お客様も同じなのではないでしょうか。
入り陽は確かに素晴らしい。でも、相手を思いやる本物の愛はもっと美しい。
私はそう考えます。

先日お伝えしたとおり、10月は全日満室となっておりますが、11月も残りわずかとなりました。予約が取りづらい状況が続き、ご迷惑をおかけしておりますが、ご来館いただいたお客様には、大切な方々との素敵な時間を過ごしていただけますよう、一流の真心でお迎え致します。

いつも応援してくださる皆様、温かいお心遣い、遠くにいても心に響いています。本当にありがとうございます。

10月の予約

本当にありがたいことに、10月ご用意できるお部屋が、全日全室、ほぼ完売いたしました。
また秋田県民割は定数に達したため、受付を終了いたしました。
たくさんのご予約、誠にありがとうございます。
キャンセルが出た場合、こちらのブログに宿泊可能日を掲載いたします。
予約サイトでの再販も予定しておりますが、反映にお時間を頂く場合があり、反映前に埋まってしまう可能性がございますのでご了承ください。

平素よりご愛顧頂き、心から感謝申し上げます。

ススキ、夕焼け、赤とんぼ。THE秋、の一枚。
今日も晴れることを祈って…

秋の空

男鹿半島はすっかり秋らしく、朝晩は涼しく過ごしやすい季節になってまいりました。
昨日は雲が厚く、どんよりとしたお天気だったのですが、日が沈んでから、このような美しい光景が広がりました。

夏のキラキラと輝く夕陽も素敵ですが、ピンクや紫に染まったこの空色は、なんとも言えない優しい気持ちになります。

この空のように、優しく温かい気持ちで、今日もお客様をお迎え致します。
男鹿半島の大自然を慈しみ、大地から湧き上がるパワーを感じていただけると幸いです。

戸賀の高台から愛を込めて

8月は天気の悪い日が多く、なかなか入り陽を眺めることができませんでしたが、今日は久々に光り輝く入り陽を写真に収めることが出来ました。
本日は、帝水を応援してくださるすべてのみなさまに、心から感謝の気持ちをお伝えしたいと思います。

帝水には、とても素敵な口コミや、アンケートのメッセージを書いてくださるお客様がたくさんいらっしゃいます。毎日アンケートを楽しみに読ませて頂いているのですが、先日、大変感動的なお言葉を目に致しました。

「作り物ではない、心の底からのおもてなしを感じました。」

心からの気持ちは必ず伝わる、そう信じ真心で、心からのおもてなし、一流の真心をモットーに、日々お客様をお迎えしておりますが、気持ちを100%お伝えすることは難しいと感じていました。
「本当に伝わっただろうか?」「お客様は満足してくださっただろうか?」

しかし、 このお言葉により、帝水は多くの方々に愛されているし、私の真心を受け取ってくださる方がいるということを実感することができました 。

この日は何度もご宿泊頂いているご夫婦のお客様からも、応援のお言葉を直接頂いたり、取引のあるメーカーの担当の方から温かいメールを頂戴したり、本当に素晴らしい一日でした。

帝水のため、男鹿のため、ここに来てくださるお客様のため、より一層、信念を貫く決意が強くなりました。
何度も足を運んでくれるお客様、遠方から思いを届けてくださるお客様、これから我々の思いを受け取ってくださるお客様、すべての方に感謝申し上げます。

ある日の夕方

夕焼けがあまりにも美しく、休館日のこの日は散歩にでかけました。
坂道を下ると、海だけの景色が広がります。この景色は言葉では形容できません。お伝えする言葉があるとすれば、「ひたすら号泣」これに尽きます。

私たちは自然に生かされ守られている。それを実感できる景色とパワーが、ここ男鹿半島にはあります。体の中から湧き上がる、底しれぬ男鹿のパワーを感じに、ぜひ帝水にお越しください。

スタッフ一同最高の真心で、本日もお客様をお迎え致します。いつも変わらぬご支援、ありがとうございます。

今できること

ありがたいことに、ただ今多くのご予約を頂戴し、ご希望のお日にちに予約が取りづらい状況となっております。帝水のおもてなしに期待し、ここからの景色の中で2日間過ごすことを心待ちにしているお客様が沢山いらっしゃる事を、日々実感しております。

わたしたちが帝水を守る意味、それは2つあります。
一つはここに泊まりたいと思っている、またはこれから思うであろう、すべてのお客様のため、そしてもう1つは男鹿半島を元気にするためです。ただただその思いだけで、ここを経営しております。

帝水は新館といっても築20年以上経過しております。設備の劣化、塩害・風害による様々なトラブルに見舞われます。また敷地と建物が広いため、草刈り、窓拭きなどの作業を限られた時間とスタッフで行うことは、大変に厳しいものです。しかしながら、私たちは共通して、「男鹿が好き、男鹿を守りたい。たくさんのお客様にこの景色を見て感動して頂きたい。」そう思い、その気持をモチベーションに日々奮闘しております。

お客様が気づかれる設備の古さや不具合は、私たちも把握していることがほとんどです。日によって、シャワーの出が悪かったり、水しか出ないこともあります。直したいのはやまやまですが、今すぐに着手できないのが現状です。また作業が追いつかず、雑草が少し目立つこともあります。

そこで私たちは考えます。今私たちに出来ること。

それは、帝水に来館くださるお客様に対して、本物の真心でおもてなしすることです。お金儲けのためだったら、もうとっくに帝水は閉館しています。でもそうではない、真剣にここを守り、お客様に心から来てよかったと思っていただきたい。その本気の気持をお客様に届けること、それが私たちが今、確実にできることだと思っています。

完全ではない状況にも関わらず、多くのお客様が喜んでくださり、私たちの接客を褒めてくださいます。お客様の「ありがとう。」これだけで前を向くことができます。

ご来館頂き、さらに労いの言葉をかけてくださり、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
そしてまた、一緒に頑張ってくれるスタッフの皆さんに感謝します。

旅館業の1日は、そうじに始まりそうじに終わります。今日もスタッフ一同、心を込めて清掃致します。帝水に関わる全ての皆様に御礼申し上げます。

ありがとうございます。

客室から

6月の営業最終日、本日も美しい光景が広がりました。

この写真は全て客室から撮影したものですが、実はすべてガラス越し。
喜んでくださるお客様のために、世界一男鹿を愛するスタッフが、心を込めて磨いております。

この美しい、自慢の男鹿の景色を楽しんでいただきたい、その思いは、確実にお客様に伝わっていると信じています。

この先、帝水が末永く、みなさまの癒やしの宿として存続できるよう、命がけで守ってまいりますので、どうかみなさま、これからも応援よろしくお願い致します。

いつも温かいお言葉ありがとうございます。