ある日の夕方

夕焼けがあまりにも美しく、休館日のこの日は散歩にでかけました。
坂道を下ると、海だけの景色が広がります。この景色は言葉では形容できません。お伝えする言葉があるとすれば、「ひたすら号泣」これに尽きます。

私たちは自然に生かされ守られている。それを実感できる景色とパワーが、ここ男鹿半島にはあります。体の中から湧き上がる、底しれぬ男鹿のパワーを感じに、ぜひ帝水にお越しください。

スタッフ一同最高の真心で、本日もお客様をお迎え致します。いつも変わらぬご支援、ありがとうございます。

今できること

ありがたいことに、ただ今多くのご予約を頂戴し、ご希望のお日にちに予約が取りづらい状況となっております。帝水のおもてなしに期待し、ここからの景色の中で2日間過ごすことを心待ちにしているお客様が沢山いらっしゃる事を、日々実感しております。

わたしたちが帝水を守る意味、それは2つあります。
一つはここに泊まりたいと思っている、またはこれから思うであろう、すべてのお客様のため、そしてもう1つは男鹿半島を元気にするためです。ただただその思いだけで、ここを経営しております。

帝水は新館といっても築20年以上経過しております。設備の劣化、塩害・風害による様々なトラブルに見舞われます。また敷地と建物が広いため、草刈り、窓拭きなどの作業を限られた時間とスタッフで行うことは、大変に厳しいものです。しかしながら、私たちは共通して、「男鹿が好き、男鹿を守りたい。たくさんのお客様にこの景色を見て感動して頂きたい。」そう思い、その気持をモチベーションに日々奮闘しております。

お客様が気づかれる設備の古さや不具合は、私たちも把握していることがほとんどです。日によって、シャワーの出が悪かったり、水しか出ないこともあります。直したいのはやまやまですが、今すぐに着手できないのが現状です。また作業が追いつかず、雑草が少し目立つこともあります。

そこで私たちは考えます。今私たちに出来ること。

それは、帝水に来館くださるお客様に対して、本物の真心でおもてなしすることです。お金儲けのためだったら、もうとっくに帝水は閉館しています。でもそうではない、真剣にここを守り、お客様に心から来てよかったと思っていただきたい。その本気の気持をお客様に届けること、それが私たちが今、確実にできることだと思っています。

完全ではない状況にも関わらず、多くのお客様が喜んでくださり、私たちの接客を褒めてくださいます。お客様の「ありがとう。」これだけで前を向くことができます。

ご来館頂き、さらに労いの言葉をかけてくださり、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
そしてまた、一緒に頑張ってくれるスタッフの皆さんに感謝します。

旅館業の1日は、そうじに始まりそうじに終わります。今日もスタッフ一同、心を込めて清掃致します。帝水に関わる全ての皆様に御礼申し上げます。

ありがとうございます。

客室から

6月の営業最終日、本日も美しい光景が広がりました。

この写真は全て客室から撮影したものですが、実はすべてガラス越し。
喜んでくださるお客様のために、世界一男鹿を愛するスタッフが、心を込めて磨いております。

この美しい、自慢の男鹿の景色を楽しんでいただきたい、その思いは、確実にお客様に伝わっていると信じています。

この先、帝水が末永く、みなさまの癒やしの宿として存続できるよう、命がけで守ってまいりますので、どうかみなさま、これからも応援よろしくお願い致します。

いつも温かいお言葉ありがとうございます。


マスク着用のお願い

当館をご検討いただいているお客様、
ご来館いただくお客様にお願いがございます。

それは、
引き続きマスクの着用にご協力いただきたい
ということです。

現在着々と新型コロナウイルスのワクチン接種が行われており、
すでに2回の接種を終えた方もいらっしゃるかと思います。
季節も夏に移ろい、気温が高くなってきている中で、マスクを煩わしく思うお客様もいることと存じます。

しかし、ワクチン接種さえ受ければ以前の日常を取り戻せる。
ということでもないようです。

厚生労働省からも
「ワクチン接種した方から他人への感染をどの程度予防できるかは
まだわかっておりません」

とあります。
https://www.cov19-vaccine.mhlw.go.jp/qa/0040.html

接種済みの方もいる一方、まだの方もたくさんいらっしゃいます。

接種された方も、そうでない方もともにご利用になりますので、
もうしばらくの間、マスクの着用にご協力ください。

よろしくお願い致します。

6月1番の入り陽

なんて美しいのか。

戸賀湾の夕日には特別なものを感じます。
ここを守っていくことは、言葉では言い表せないほど大変です。
しかし、日々この景色に励まされ、なんとしても帝水を守って行かなければ、その思いを持ちづづける勇気と覚悟を与えてくれます。

そしてまた、お客様の温かいお言葉が胸に刺さります。
お客様の「がんばってね。また来るね。」
この励ましのお言葉を頂く時、戸賀湾のこの素晴らしい景色を超える、感動の瞬間が訪れます。

心からの感謝と労いの言葉。これはまさに人間の内部の「美」。
帝水に足を運んでくださる全てのお客様に感謝致します。

スタッフ一同、真心を込めて、本日もおもてなしをさせていただきます。

雲昌寺の紫陽花

雲昌寺の紫陽花が満開で見頃を迎えています。

辛抱強い愛情

これは、青い紫陽花の花言葉の一つ です。
男鹿を元気にしたい。帝水を守りたい。お客様に心から満足して帰っていただきたい。日に日にその思いは増すばかりですが、現実は大変厳しいものです。

しかしながら、辛抱強く、全てのことに愛情を注いで前進すれば、きっと願いは届く。そう信じて明日も真心で、お客様をお迎え致します。



太陽を運ぶ船

海に沈む夕日と船のコラボレーション。まるで船が太陽を運んでいるようです。
月に何度かお目にかかれるこの色の夕日、まるでドラゴンボールのよう。7回見れたら願いが叶うかも!

6月 夕食おしながき

 先 附

男鹿沖 姫栄螺の鯛酒盗和え
チーズ味噌漬け

 前 菜

遵菜 ホタテ貝黄味煮
紅ズワイ蟹のヴァバロア
新緑寄せ 蚕豆艶煮 スプラウト
八幡平ポークレタス包み
南瓜瓢真薯

 向 附

近海鮮魚盛り合わせ
男鹿真鯛野菜巻き
鰤 牡丹海老
お凌ぎ 鮪 鮃  

 蓋 物

石川小芋 翡翠冬瓜 鰻湯葉巻き
出汁巻き 葱巻 陸蓮根

 進 肴

鱸 小松菜

 強 肴

秋田牛ロース肉鍬焼き
焼茄子と蕗味噌風味

 食 事

あきたこまち 土鍋炊き

 御椀盛

清汁 牡丹鱧 花穂 三つ葉

 甘 味

緑茶のプティング

※食材の都合により予告なく変更される場合がございます。
 ご了承ください。

6月のサービス
入り陽が見られなかったら
ドリンク一杯無料

最近まで寒かった気候も変化し、暖かくなるとともに日も高くなってきました。 本格的に入り陽が綺麗になっていく季節ですが、それと同時に梅雨にも入ってしまいます。

そこで6月の平日は、太陽がまったく顔を見せてくれなかったら、ご宿泊のお客様に1部ドリンクを1杯サービスさせていただきます。

※ビール、サワー、ワイン、ソフトドリンクなど

男鹿は天気が変わりやすく、大雨が降っていても好転することが稀にあります。最初の写真も、嵐のような天気から奇跡的に日が顔を出した瞬間を納めました。

入り陽をメインにしているお宿ですが、見られなくても精一杯のおもてなしをさせていただきます。

皆様のご来館、心よりお待ち申し上げております。

西海岸クルーズ

男鹿半島の西側の海岸を、地元では「西海岸」と呼んでいます。西海岸と言えば、誰でも真っ先に思い浮かべるのはカリフォルニア。しかし、ここ男鹿半島の西海岸は、本家に負けず劣らず素晴らしい。

地元の漁師さんが案内してくれる、帝水オリジナルの「西海岸クルーズ」。
漁師さんのスケジュールと、天候、お客様の都合がマッチしないと巡航出来ない、幻のアクティビティ。大きな観光船では決して味わうことの出来ない、漁船ならではの体験が出来ます。

西海岸にはいくつかの洞窟やトンネルがあります。青く澄んだ海を間近に見ながらトンネルをくぐると、大地の歴史を感じて、小さなことはどうでもよく思えてしまいます。

男鹿半島は長い年月をかけて、豊かな自然を育んできました。この大自然に感謝し、帝水と共に守って行こうと思います。

洞窟の内部
畳石